無料レンタル
サルに教えてニュース 苦悩
サルに教えてニュース
ビジネス、経済、芸能、災害など旬のニュースを紹介!
リンクサイト



スポンサードリンク



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気持ちはわかるが.......。
気持ちはわかるが.....。
不法滞在で強制退去を命じられながら、娘の学業継続のため家族3人での在留特別許可を求めていた埼玉県蕨市のフィリピン人、カルデロン・アランさん(36)一家の問題で、妻、サラさん(38)と長女で中学1年ののり子さん(13)が13日、東京入国管理局に出頭した。サラさんはすでに入管に強制収容されているアランさんとも相談、のり子さんだけを日本に残し、両親は帰国することを入管に伝えた。


日本で生まれ、日本語しか話せない娘を置いて、遠くひりピンまで帰らなければならない両親の気持ちは私も子供がいるのでわかります。
超法規的処置もあるのではないか?

なんて、法務省は非人道的なんだ!

というような声も聞こえますが、法治国家です。
偽造パスポートを使って、不法入国した時点ですでにはん犯罪です。
いままで、発覚しなかっただけで、ずるずると生活していたわけです。

法務省も決して、鬼ではありません。
最大限の譲歩をしているではないですか。

気持ちは痛いほどわかりますが、ココはこのご両親の取った選択が一番ベストではないでしょうか。






スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。