無料レンタル
サルに教えてニュース インターネット
サルに教えてニュース
ビジネス、経済、芸能、災害など旬のニュースを紹介!
リンクサイト



スポンサードリンク



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バレンタインスパム増加も、つられるユーザーは減少


バレンタインスパム増加も、つられるユーザーは減少

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070213-00000029-zdn_ep-sci

セキュリティ企業のSophosによると、2月14日のバレンタインデーを前に、ジュエリーやチョコレートなどのギフト販売スパムが増えている。しかしこうした商品を買うというユーザーは1年前に比べて減少した。  同社の調査によれば、スパムを通じて販売されている商品を買うと答えたコンピュータユーザーは5%となり、前年同時期の9%に比べて減少した。  「ジャンクメールで宣伝された商品を誰も買わなければスパムも止むはずであり、購入する人が減っているのには期待が持てる。ただ、世界の電子メールユーザーの数を考えると、5%という数字はスパマーを存続させるに十分すぎるほどだ」とSophosは解説している。  バレンタインデー便乗スパムの多くは、グラフィックを使ってジュエリーや恋愛メッセージなどのギフトを宣伝する画像スパムだという。受け取る相手にアピールしやすいことやスパム対策フィルタをかいくぐりやすいことから画像スパムは最近急増。Sophosの統計では画像スパムが占める割合は2006年1月の18.5%から、12月末には35.1%へとほぼ倍増した。


スパムメールほどうっとおしいものはありません。
時として、私のところには出会い系からたぶん海外からでしょうか、バイアグラの購入を誘うメールが多いときで15通ほど来ます。
出会い系に至っては、単刀直入に誘う直球勝負のメールが多いこと多いこと。
おいおい、見ず知らずの誰ともわからない人間と「その日にエッチしましょう!」って、あほ?
どこかでアドレスが漏れてしまったのでしょう。
彼らのために、また、アドレス変更のメールを作らなければならないうっとおしさ。
スパムには乗らないようにしましょう。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。