無料レンタル
サルに教えてニュース 2007年12月
サルに教えてニュース
ビジネス、経済、芸能、災害など旬のニュースを紹介!
リンクサイト



スポンサードリンク



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オイルマネーは余りまくっている。
きょうから値上げラッシュ、パンも菓子もガソリンも!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071201-00000083-sph-soci
食パンやお菓子、ガソリンなど暮らしに身近な商品の値上げが1日から始まった。
 今後もタクシー料金や即席めん、ビールなど値上げラッシュが続く。出費がかさむ年末年始の家計にとって痛手となりそうだ。
 山崎製パンは1日、食パンや菓子パン、和洋菓子などを約8%値上げし、不二家もケーキやシュークリームなど定番の46商品の価格を段階的に引き上げ始めた。
 石油元売り最大手の新日本石油は1日から灯油やガソリンの卸価格を前月より6・7円(1リットルあたり)引き上げた。ガソリンの平均店頭価格は150円から155円程度まで上昇するとみられる。
 東京地区のタクシー運賃は3日から初乗りの上限が660円から710円に引き上げられる。ビールではキリンビールが来年2月1日から、アサヒビールが3月1日からそれぞれ値上げする予定だ。
 

オイルマネーは余りまくって、ファンドが経済を牛耳ってます。 バイオエタノールが穀物価格の上昇を招いています。 誰が一番得しているのか。 衆議院選が終われば、消費税が上がります。 ということは値上げは、これからもますます続いていくということです。 ちなみに、下がっているものもあるそうです。 それは、デジタルカメラ類は下がっているそうです。 もっとも、デジタルカメラは一年に一回も買いませんけど。 ビールはほぼ毎日、350日は飲んでいるでしょう。 貧乏人は、金が出て行くばかりや。
スポンサーサイト

ちゃんづけは差別か?
“ちゃん付け”は「アカハラ」…山梨大教授が減給処分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071201-00000083-sph-soci
 女性の下の名前に「ちゃん」を付けると、ハラスメント!? 山梨大(甲府市)は30日までに、女子学生を「ちゃん」付けで呼び、不快に感じさせたのはアカデミックハラスメント(アカハラ)に当たるとして、同大大学院の50代の男性教授を減給の懲戒処分にした。“ちゃん付け”の波紋の大きさに「厳し過ぎる」の声も出ているが…。  処分されたのは、山梨大大学院医学工学総合研究部の50代の男性教授。アカハラにより、減給1万704円(1回)の懲戒処分となった。  同大によると、教授は昨年の9月から11月にかけ、指導する研究室に所属していた女子学生に対し、名前に「ちゃん」を付けて呼ぶなどしたため、学生が不快に感じていたという。
 女子学生は大学内に設置されているハラスメント相談室に訴えた。相談室はさらにキャンパスハラスメント防止委員会に上申し、調査委員会が教授らから話を聞いていた。同防止委員会では、性的嫌がらせのセクシュアルハラスメント(セクハラ)、労働環境を悪化させるパワーハラスメント(パワハラ)、教授が学生に対して行うアカデミックハラスメント(アカハラ)という定義があり、今回はアカハラに該当するという。
 日大法科大学院・板倉宏教授は「ハラスメントの判断基準は各大学の委員会によって違うが“ちゃん付け”でハラスメントになった例は聞いたことがない。大学院の学生を軽く子ども扱いするのは問題かもしれないが、懲戒処分は厳しいのでは」と話す。
 

チャンづけは差別なんやろか? セクハラは受けての感情によるといわれるが、ここまで行くとちょっとやりすぎちゃう? 女性はさん、男性はくん、ってそんなの日本語として決まってる? 女性でもくんありやし、男性でもさんづけしてるで。 軽く受け流す、器量も必要でしょう。 チカン問題にしても、男性側があまりに不利になっているケースがおおすぎる。 この件も、注意ですむことじゃないですか? 懲戒処分することで、かえって溝を作ることになるんじゃないだろうか。

死刑の方がええんちゃうか?
特急内暴行で懲役25年求刑=「乗客の目恐れず、欲望満たす」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071129-00000513-yom-ent
 JR特急電車内で女性に暴行したなどとして、強姦(ごうかん)罪などに問われた解体工植園貴光被告(36)=滋賀県湖南市=の論告求刑公判が30日、大津地裁(大崎良信裁判長)で開かれた。検察側は「多数の乗客が乗り合わせる中で、人の目を恐れることなく、自己の獣欲を満たすために事件を繰り返した」として、懲役25年を求刑した。
 弁護側は最終弁論で「できる限り寛大な判決を求める」と訴えた。植園被告は「被害者や親、一般社会に心配、迷惑を掛けることをして申し訳ありませんでした」と謝罪。公判はこの日で結審し、判決は来年1月17日に言い渡される。 

懲役25年とは驚きや。 少なくとも15、6年でシャバにでてくるやろ。 性犯罪者は再犯率が高い。 こいつは、善悪の判断が出来ない輩やから、シャバに出したら また、やります。 少なくとも、無期懲役にしとかないと泣く人間がまた、でるで。 もっとも、無期でもシャバにはでてくるけどな。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。