無料レンタル
サルに教えてニュース ぶつかり稽古で多発外傷?
サルに教えてニュース
ビジネス、経済、芸能、災害など旬のニュースを紹介!
リンクサイト



スポンサードリンク



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぶつかり稽古で多発外傷?


<力士急死>死因は「多発外傷によるショック」 全身にあざ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070628-00000140-mai-soci

愛知県犬山市でけいこ中に倒れて急死した大相撲・時津風部屋の序ノ口力士、斉藤俊さん(17)=時太山(ときたいざん)、新潟県出身=について、愛知県警犬山署は28日、斉藤さんの実家がある新潟市内で遺体を行政解剖し、死因について「特定は困難だが、多発外傷によるショックが考えられる」と発表した。同署は遺体の全身にあざや擦り傷、肋骨付近の軟骨骨折などを確認。いずれも通常のけいこでできたと考えても矛盾はないというが、関係者から事情を聴くなど当時のけいこの状況を慎重に調べている。  一方、この日会見した時津風親方(元小結双津竜)は「申し訳ない。病院では死因は急性心不全と言われた。なぜ、急性心不全になったのか、何が悪かったのか原因は分からない。けいこがきつすぎるとは思わないし、何か疾患があったとも思えない」と話した。  調べでは、斉藤さんは26日午前11時40分ごろ、犬山市犬山のけいこ場で、他の力士とのぶつかりげいこ中に土俵に倒れ、搬送された同市内の病院で約2時間半後、多発外傷によるショックが起因の可能性がある虚血性心疾患による死亡が確認された


相撲の稽古ってそんなにきついんかいな?
へやの若い衆にボコボコにされていて、稽古に出て状態が悪化したんとちゃうか。ま、推測やけこね。
いずれにしても、スポーツに突然死はつき物です。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://saigai.blog47.fc2.com/tb.php/187-4d72a2d2

序ノ口序ノ口(じょのくち)は、大相撲の番付の最下位の階級。番付表では最も小さい文字で書かれるため、相撲界では「虫眼鏡」とも呼ばれる。前相撲を取り出世した者が、はじめて番付に名前を載せることができる地位。通常1場所で7番の相撲をとり、4勝以上挙げて勝ち越し|勝 大相撲情報局【2007/08/01 13:28】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。