無料レンタル
サルに教えてニュース 中高年男子よ、負けるな!
サルに教えてニュース
ビジネス、経済、芸能、災害など旬のニュースを紹介!
リンクサイト



スポンサードリンク



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中高年男子よ、負けるな!
 初の「自殺対策白書」 9年連続3万人超
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071102-00000164-mai-pol
政府は9日の閣議で、自殺の現状や政府の自殺対策の実施状況をまとめた平成19年版「自殺対策白書」を決定した。昨年10月施行の「自殺対策基本法」に基づき、国会に提出する初の年次報告となる。自殺者数は、平成10年に前年より約8500人急増して以来9年連続して3万人超。その7割が男性で、とくに急増した大半の部分を45~64歳までの中高年男性が占めている。  白書では、中高年男性の自殺者の急増について、人口増や高齢化に加え、バブル崩壊といった経済的変更が働き盛りの男性に強く影響していると分析。とくに社会の大きな変化を小・中学生のころに経験した昭和一桁(けた)から15年生まれまでの世代は、社会的変化の節目で高い自殺死亡率を占めるという世代的特徴があるとしている。
 また、今年6月に閣議決定した「自殺総合対策大綱」に沿って、自殺を「追い込まれた末の死」「防げることができる」「自殺を考えている人はサインを発している」という3つの基本認識の下、政府が進めている9項目、46の重点的な自殺対策についてまとめている。平成28年までに、17年の自殺死亡率の20%以上を減少させ、急増前の2万4000人台の水準まで下げることを目標に掲げている。

年間3万人の人が自ら命を落としている現実を目の当たりにすると、正直そんなにいるのかよと感じずにはいられない。
交通事故でも年間確か、7,8千人ほどだと思うが、それよりも相当多い。
中高年の自殺者が7割だという。健康に不安を抱えたり、あるいは病気を発症したりする年代です。一病息災とは言うが、上手に付き合っていかなければならない年代なんだと思う。
こういう私もその中高年の一人だ。幸いにも、死にたいとは現在のところ思わないが、いつうつを発症するかもしれない、会社の中での立場になってきている。
中高年の皆さん、死ぬのはまだ早い!不謹慎だが、もっと遊びましょう。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://saigai.blog47.fc2.com/tb.php/244-092accee



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。